ブライドル長財布の表面についている白い粉は?


ブライドル長財布の表面についている白い粉は?

45014201-03

お財布にもいろいろなタイプや形があり、
ブランドによる特徴などもあります。

ほぼ毎日使うものですから
使いやすい物を選びたいですよね。

プレゼントには、、
もちろんブライドル長財布をオススメします!


白粉は蝋(ワックス)だった

ブライダルは男性に人気のレザーアイテムです。

ブライドルレザーの製品は、
ブリーフケースやダレスバッグを始め、長財布やマネークリップ、
名刺入れなどラインナップも豊富です。

一番の特徴は、
ブライドルの白い粉です。

ブライドルは英国の高級皮革で、
長い歴史を持つイギリスだからこそ生産できる革です。


ブライドルは生産に5ヶ月を要する

ブライドルレザー独自の製法は
1,000年という長いあいだ受け継がれた伝統的なものです。

レザーに何度もロウを染みこませ、
完成までには約5ヶ月かかると言われています。

丁寧にロウを染み込ませる事で耐久性が上がりますが、
ロウは季節や温度によって形状が変化するので
その都度違った表情を見せてくれます。

レザーの繊維間にロウを染み込ませる事で
耐久性がアップしその堅牢性の高さから一生モノの革製品と言われています。

また、かつては馬具にも使用されていたことから、
馬具革」とも呼ばれています。


白い粉は経年変化でツヤに

気温が低い冬場はロウの特性から、
表面にブルームと呼ばれる白い粉が浮き出てきます。

これこそブライドルレザーの特徴ですが、
拭き取ることで光沢が出ます。

型崩れしにくく磨く度に深みが増すところも、
ブライドルレザーの魅力です。

初めて使う人は白い粉が浮き出てくるので
戸惑う事もあるかもしれません。

先程も触れましたが、
これはブライドルレザーならではの物です。

白い粉の正体はロウなので、
特に心配ありません。

特に使い始めは白い粉が出やすいので
こまめに拭き取るだけでお手入れになります。

ただし拭き取る場合は
乾いたタオルで乾拭きをして下さい。

また、このロウのしろ粉が、
経年変化によって上品なツヤに変化していきます。


天然皮革は防水が必要

ブライドルレザーは耐久性に優れた丈夫なレザーですが、
植物タンニンなめし革を使用しているので
水には弱いという特性があります。

雨の日に濡れてしまうとシミになる事もありますので、
最初に防水スプレーで防水対策をしておくといいと思います。

最初は少しゴワゴワとして
硬く使いにくように感じてしまいますが、
使っていくうちに皮脂などが程よく染み込み程よいあめ色に変わっていきます。

また使い込んでいけば、
皮脂やロウがヴェールのような役目をしてくれるので
傷やシミも徐々に目立たなくなっていきます。

元々革にある傷なども使い込むうちに、
いい味わいになると高く評価されています。

ブライドルレザーの長財布を10年間使用すれば、
唯一無二の物になるとも言われています。

ブライドル長財布を見る



Home » ブライドル » ブライドル長財布の表面についている白い粉は?

関連記事

  1. 長財布 vs 二つ折り財布。牛肩革のブライドルレザー
  2. ブライドル革の軽い長財布はありますか?
  3. スーツにマッチするブライドル長財布はありますか?
  4. 彼氏プレゼントにブライドル長財布は喜ばれますか?
  5. 日本製のブライドル長財布で人気の長財布は?
  6. ブライドル革で100万円収納可能な長財布がありますか?
  7. 累計1万本の人気長財布。ブライドル・グランドウォレット
  8. ラウンドファスナーvs見開き型。ブライドル長財布の人気は?
  9. ブライドル長財布は最初硬すぎて使いにくいですか?
  10. ブライドル革の長財布は経年変化しますでしょうか?